家庭教師だからこそできること③〜苦悩〜

2017.3.16 | 不登校 打開策は?プロ家庭教師

みなさん。こんにちは。
最近は花粉がよく飛んでいて、花粉症の方には厳しい季節ですね。インフルエンザなどの感染症とともに、マスクの着用、手洗いうがいなどの予防を怠らないようにしましょう。

さて、今回は前回の続きのお話です。

kさんは学校で体のことについて、言われたことで学校へ行くことの恐怖を感じ、不登校になりました。

ちょっとしたきっかけでしたが、気付いたときには、ひたすらに家にいる状態で、外に行く時は病院に行くときのみだったそうです。

家庭内では、家族とのおしゃべりはでき、時間がずれてはいたものの食事はきちんと取ることができていたそうです。ただし、就寝及び起床時間は大幅にずれ込んで、夜型の生活に近い状況になってしまっていました。

この状況になり、私も家庭教師としてどのようにするべきなのか、考えさせられました。

まず、お宅にお邪魔させていただくこともできない。
次に電話でも話はさせてもらえない。

この状況をどのようにして打開していくか…。

次回のお話に致します。

ページのトップへ