変化が起きる?(不登校)

2017.2.19
ホーム > 不登校
春近しクリップ

この時期は受験という大イベントがあるため、そのことに押されてしまいがちですが、だんだん日が長く、昼間の太陽の光が暖かくなってきましたね。この時期になると、毎年ちょっと変化があります。学校を休みがちな生徒さん達が、少しそわそわし始めるのです。

急に外に出たがったり、学校のことを気にしたり、勉強に意欲的になったりする子もいれば、急に不安定になったり、家族や教師にきつい態度を取るようになったり、生活のリズムが崩れてしまったりする子もいます。その変化は本当に様々です。私は、何のパターンであろうとこの変化が起きることを嬉しく思っています。

子供たち本人が『季節や時間を意識する行動』だからです。その上で葛藤している、心の成長の一部を見ることができる機会です。変化が起こるかどうかを悩むのではなく、不登校の生徒さんを受け持っている場合はこの時期が来るぞと思って動きましょう。

ご家庭には、起こる可能性があること(先に書いたような変化)を伝えるようにします。長く担当している生徒さんなら、去年のこの時期のことを一緒に振り返るのも有効です。これは、あまり良くない変化の時に過剰に心配したり、良い変化であっても続かず後々ガッカリしてしまうことを避けます。

また、生徒さんが漠然とした不安を抱いていないか確認するために、『他の先生の話でこんなことがあってね』と、話を振ってみるのも良いと思います。生徒さん本人が行動を起こしやすく、もし途中で続けられなくなってもあまり落ち込まなくていい環境にしてあげることが、この時期は必要です。

担当生徒さんの中に思い当たる子がいたら、ぜひやってみてあげて欲しいと思います。

不登校の最新ブログ

不登校サポート

不登校サポート

プロ家庭教師のジャンプではライセンスを取得した不登校訪問専門員を中心に、不登校の生徒さんの学習指導に取り組んでいます。学校への復学をはじめ、たくさんのご家庭において成果を上げています。

ページのトップへ