テスト後も先生分析!(定期試験対策)

2017.6.18
ホーム > 定期試験対策
初めが肝心クリップ

そろそろ早いところではテストが始まる時期でしょうか。
前回板書による先生分析の話をしましたが、年度最初のテスト後は、最大の分析チャンスになります。

「テスト範囲が何処か」は勿論事前に伝えられていると思いますが、その中でも「どの範囲から」「どのような形で」「どれくらいの配点で」問題が出されるのか、それらを知るための最大の資料になるのです。

数学で言えば「計算問題や前学年までの復習問題が何点分出されているか」「応用問題はどこから出ているか」などが分かるだけでどこに力を入れればいいかが決まりますし、社会であれば「記述問題がどれくらいあるか」「地図の問題は何を問われるのか」などが分かれば、覚えなければいけない内容が決まってきます。勿論、時事問題などが先生の授業中の発言などから出ているのか、それとも完全にニュースなどからランダムに出ているのかなども注目すべきでしょう。

前年度と同じ先生が科目担当であっても、他の先生と一緒に学年の担当をしているのであれば、前年度と同じやり方でテストを作るとは限りません。
「去年の先生のままだから、やり方も同じだろう」などと舐めてかかれば、痛い目を見ることになります。

「テストが終わったばかりなのに」と思う人もいるかもしれません。

逆です。

「最初のテストが終わった今だからこそ」、先生の傾向をしっかりと先生と確認し、次回のテストのために分析・対策を行いましょう!!

定期試験対策の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ