テストの見方(定期試験対策)

2017.6.1
ホーム > 定期試験対策
中間テストクリップ

新学年がスタートし、三学期制の学校では一学期の中間テストがあり、テスト返却まで終わった時期だと思います。中学一年の生徒さんは初めての定期テストの結果はどうだったでしょうか?中一の中間テストの点数は思いのほか取れている生徒さんが多いです。しかし、そこで定期テストに対して油断してはいけません。勉強の成果が結果として現れてくるのは一学期期末テストからです。そこで、テストの見方をしっかり学んでおきましょう。

まず英語です。英語のテストを見て、単語のスペルミスが多くあった子は、次のテストではスペルに注意をしながら単語の練習をしましょう。苦手だという考えで片づけてしまうのではなく、自分がより注意をしなければいけない部分を分析するのがテストです。同様に、ピリオド忘れなどで減点されてしまった生徒さんも宿題で意識して丁寧にやることを心掛けてください。宿題や普段の勉強習慣での癖がテストででてしまいます。問題をよく読み、丁寧に問題を解くことを忘れないでください。

数学に関しては、基本英語と注意する部分は同じであり、マイナスとプラスの書き忘れや読み間違いなどが小さなミスであり、大きな減点になります。応用問題が解けることが点数アップの秘訣ではなく、丁寧にテスト問題を解くことが重要です。また、字を丁寧に書くことも必要です。7が1に見えてしっまたり、6が0になってしまう生徒さんがいます。細かいことで面倒くさいことかもしれませんが、日々の練習で気をつけましょう。

テストの中身を見ることにより、自分の小さな短所が見えてきます。これがテストの分析です。小さなことから点数アップにつなげることが出来るので、テストをもう一度見てみましょう!

定期試験対策の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ