なぜ点数につながらないのか?

2017.2.14 | 定期試験対策 ごちゃまぜプロ家庭教師

この業界に長くいてわかったことがいくつかあります。その一つについて今回は話したいと思います。

よく「テストになると力が発揮できない」という生徒さんがいます。その理由を聞いてみると「緊張してしまったから、、、」と答える生徒さんがほとんどだったように思われます。では、この「緊張したから」というのは本当なのでしょうか?いつもと同じクラスメイトと同じ教室でテストを受ける、そんな状況をみなさんも思い出してみてください。私自身、多少の緊張はあったと記憶してますが、よほど点数が落ち込むほどの緊張はなかったと思います。では本当の理由はなんでしょうか?

それは「緊張」ではなく、大半が「問題の区別ができていない」ことが原因だと思います。

特に英語は文法の区別ができていないために、結果が出ていない生徒さんは相当数いるはずです。今まで私が担当した生徒さんも各文法はわかるのにテストで点がとれないという場合がほとんどでした。テストでは、「この問題は~という文法の問題です。」など書かれていません。試験が始まりいざ問題を解こうとしたとき、「これ何だっけ?どっちだろう?」と迷うことを「緊張して頭が真っ白になった。」と勘違いをしているのです。つまりテストで良い点数がとれるかどうかは「区別できているかどうか」なんです。

だからこそ「ごちゃ混ぜ」問題での演習が必要になります。テストはごちゃ混ぜですから、混ぜた問題をやることで、自分で状況判断する術を身につけなければなりません。その積み重ねがあってはじめて本番のテストで自信を持って解くことができるのです。その「自信」があれば、多少の緊張も楽しめるのではないでしょうか。

私はテストで点がとれない生徒さんを担当するとき、真っ先にこの「ごちゃ混ぜ」と「区別」を意識させます。みなさん気がついているようでそうでもないんです。単元ごと「ある程度、なんとなく」できているからこそ気がつきにくいのかもしれません。

私の経験上、平均点前後で伸び悩んでいる生徒さんは、基本的に「ごちゃ混ぜ問題の演習」だけで成績アップできると思います。

ページのトップへ