暗記嫌いな人、必見♪♪

2017.1.17 | 定期試験対策 暗記しないプロ家庭教師

新年明けて、そろそろ1ヵ月になりますね。2、3月に控える定期試験に向けての対策はバッチリでしょうか?第一志望の入試、これから、という方も多いでしょう。持てる力を全て出し切って、良い結果が出せるように、毎日の生活を有効利用していきたいものです。

 

さて、受験勉強、試験勉強…勉強全般について言えることですが、必ずつきまとってくるものがあります。それが、

①暗記
②計算
③読解

です。この、試験直前の時期で光るのが、①の、暗記力です!試験が近い状態では、いきなり計算力や読解力を上げろ、と言われても、無理があります。これらは、長期的に鍛えていくものです。

 

しかし、即戦力になる暗記にも、得意不得意があります。では、暗記が不得意な人は、試験で損をするのでしょうか。

結果から申し上げますと、残念ながら、暗記が不得意で、

『何もしなければ』

もちろん、損をします。暗記が得意な人は、適当に目を通すだけで、頭に残ります。そして、試験直前だけで暗記して、すぐに点が出せて、結果も出ます。しかし、暗記が不得意なのに、『何もしなければ』、それは、無謀というものです。

では、時間がなく、暗記系教科である、社会や英単語、その他の暗記を突破しなければいけないとき、どうすれば結果が出せるようになるのでしょうか。

それは…

 

☆☆暗記が嫌いなら、覚えなければよい!☆☆

 

です(笑)

暗記が嫌いな人に多いのが、自分で、暗記が苦手だから、できないと、

 

『勘違い』

 

しているのです。覚えようとするから、忘れるのです。つまり、

 

覚えようとする→覚えられる気がしない(勘違いしているので)→テストやばい→ストレス→やる気なくなる→暗記モノ捨てる→結果が崩れる→…

 

の、悪循環に陥ってしまうのです。では、『覚える』、という行為を使わずに、暗記ものを突破するには、どうすればよいのでしょうか。これも、いくつか段階がありますが、時間がない状態からいきなり点を取りにいきたいので、さっそく使える方法を提示したいと思います。時間のある方でも、これをさっそく実践すれば、あとで確実に役に立ちます。

 

①暗記しても、勉強にならないから、そんなことはしなくて大丈夫、と思っておく。(笑)(暗記が得意で、点数をそこで稼げている人には、申し訳ありません。)
②覚える内容(英単語や、テストで出るところ)を、5分かけて、出来る限りたくさん眺める。(この時、雑音などがないところでやると、かなり良い。)
③休憩を入れる(5分~10分。時間はかると、なお、効率よい)。
④そのまま、②でやった内容を、書いて思い出してみる。
⑤④の合ってるかどうかチェックする(5分程度)
あとは、③~⑤を繰り返すだけです。

 

これだけで、点数が出せます。もちろん、受験用のすべてを、前日のみでどうにかしよう、とか、そういうものは当てはまりません。しかし、小テストや定期試験では、効果抜群です。

 

まぁ、暗記している人からしたら、常識の、『暗記法』です。しかし、暗記できない人にとっては、『覚えるのができない』のです。でも、『思い出すこと』はできます。実際、かけ算九九などは、小学校で習って、『ずっと暗記しておきなさいね。』などと、言われてもいないのに、ほぼ全員が覚えられています。それは、なぜか。

 

☆☆算数、数学のいたるところで、『思い出すこと』を繰り返しているからです☆☆

 

つまり、暗記なんて、しなくたって、『思い出すこと』を習慣付ければ、必ず、暗記モノでも点数がとれます!

この、『思い出す』を、しっかり習慣付けるために、日常生活を有効利用すれば、今後、ボケる人も少なくなるのかもしれません。日常生活のうち、一番自分がハマっていることを利用して、暗記力ならぬ、

 

♪回想力♪

 

を、高めていきましょう!例えば、今で言えば、アニメやゲームが盛んですが、それでも、『回想力』は、高められます。アニメやゲームといえば、キャラクターの名前、容姿、声優など、いろいろなパラメーターが存在しますが、それを、ふと、気になったキーワードを見聞した瞬間に、

 

『連想回想』

 

使って、一気に思い出します。アニメを例にすると、耳から声優判断し、漢字でフルで書けるかどうか、頭で想像し、その声優さんが出ていた作品を10以上挙げ、その中でのキャラクター名やら、位置づけ…など、色々思い出します。それを、幅広い分野でできてくると、回想力が止まらなくなり、テストだろうがなんだろうが、絶対にいい点が出せるようになります。もちろん、アニメ・ゲームだけではなく、日常的に存在する、あらゆる人物、物、感情で、それは使えます。見た物、聞いた物、感じた事、全てにヒントがあり、自分を高めてくれるものが、この世にはたくさん存在します。

 

この世の全ては、自分の成長のために、存在してくれている。

それを、この世に感謝すると共に、日常生活を受動的に情報に翻弄されながら生活するのではなく、そこから回想、発展させて、自分の力にしていきましょう。

ちなみに、暗記力が高い人ほど…思い出す力が弱かったりします。ボケるかもしれません(笑)

 

思い、考え、思い出す力、それが、人間の本質です。暗記力がなくても、暗記力がある人に、十分通用します。勝てます!!そして、以前に書いた気もしますが、勉強で最後にモノをいうのは、

 

☆★想いと自信★☆

 

です!!みなさん、それぞれ、自分の自信とハート磨きに、毎日精進し、ついでに勉強もできるようになってしまいましょう♪♪

ページのトップへ