英検?TOEIC?

2017.4.20 | 資格取得 英語検定プロ家庭教師

日本で有名な英語の検定は、英語検定とTOEIC(トーイック)だと思います。

生徒さんから「受けようと思うんだけど」と相談を受けるのも、この二つがほとんどです。どちらも丸暗記だけでは無理で、単語と文法とリスニング、定番の英語力をしっかり身につける必要がありますね。

じゃあどっちを受ければいいのかな?と思うかもしれません。

英検は、小学生のお子さんでも、バリバリ英語を勉強している大学生でも、誰でも受けることができます。難易度も様々なので、自分の実力や目標に近い級を選ぶことができます。

ならTOEICはいらないのか、と言われるとそういうわけには行かないのです。

近年までTOEICは就職に有利、と言われて来るばかりでした。大学に入ってから練習をして、高い点数を取れるように頑張れば良いのだ、という認識の方が多かったように思います。

これは間違いではないのですが、近年、大学での英語の授業を生徒のレベル別に行う大学が増えています。この、英語の授業に生徒を振り分けるために、TOEICの点数を使うところが多いのです。自分の実力に見合った授業を大学で受けたいと思うなら、事前に対策をしてTOEICに慣れておく必要がありますね。

大雑把にまとめてしまうなら、高校半ばまでは英検、それ以降はTOEIC、もしくは両立が良いだろう、というのが結論になります。

もちろん試験の形態に得意不得意はありますから、悩んでいるならどっちを受けるか、相談してみてください。

ページのトップへ