夏休みの計画(自宅学習)

2017.7.20
ホーム > 自宅学習
夏休みクリップ

七月に入り多くの学校で夏休みの過ごし方についての計画を立てています。

計画を立てる時に夏休みの課題が出され、ワークや自由研究、書き取りノートなどがあります。特に書き取りノートは漢字、英語、数学などがありますが、それぞれ何ページやるか指定されています。

この時に大事なのは規定のページよりも多く実施すべき、ということと間を開けずに定期的にやる、ということ、さらには内容の部分として予習(定期テストで出来なかったところの復習)です。

1度生徒さんが作ったのを見てみると、計画上で夏休み初期にまとめて終わらせる予定を立ててしまっていたり、1日おきに計画を立てて、規定ページぴったりで終わるように立てているケースが多いです。さらにどの問題を解くのか、と聞くと予習をすると答えるケースが低いです。特に数学などは基礎問題集などの自分が解けている問題をやってしまう子もいます。

自分が解けている、出来る問題を何度もやっても、出来ないことを後回しにすることで結局力がつかないということを話しながら、予習の大切さを伝えています。

さらに、予定を見せてもらう中で、指定されたページよりも多くやっておくことで成績の評価がかわることや、勉強する感覚を開けてしまうと夏休み直後に行われるテストで点が取れないことなどを説明しています。

夏休みは中学三年生、中学受験を考えている子にしたら小学六年生にとっては受験前の大切な時期です。

部活も終わっていることが多い分自分のことに使える時間がさらに多くなります。この時期にいかに勉強するのかによって結果が変わってくることも受験する生徒さんには意識を持ってもらえるよう話をしています。

 

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ