遊びから学ぶ(自宅学習)

2017.8.6
ホーム > 自宅学習
すごろく学習クリップ

私には未就学のころから担当している小学1年生の生徒さんがいます。この生徒さんは、あまり集中ができなかったり、集団の中で皆と同じことができないことが多々あるようなお子さんです。私はこの生徒さんと1回1時間半の勉強をしています。
この事に関しまして「え!小1で1時間半も勉強できるの?」といった疑問を持たれる保護者の方がよくいらっしゃいます。実際どういった指導をしているのかご紹介させて頂きます。
ある日の指導の流れです。
1、ごあいさつ
2、すごろく
3、10より大きな数
休憩
4、板書の練習
5、ことばの問題
6、がんばったねすごろく
7、ごあいさつ
すぐお気付きいただけると思いますが…
すごろく!これがポイントです。遊びやゲームからもたくさん学べることがあるのです。
すごろくでは、サイコロを使うことで数の認識に繋がります。慣れていくと2つのサイコロで足し算や引き算をしてコマを進めることができます。

まさに算数

はじめはサイコロの目を数えるだけで精一杯だった生徒さんも、今では引き算や答えが10以上になる足し算がスラスラできるようになっています。また、それぞれのマスにひらがなや物の名前が記載されている物を使用すると、それを一緒に読んで、一緒に書くことで国語の勉強にも繋がります。さらに、初めは一人で夢中になっていましたが次第に「次は先生の番だよね」と順番を守るようになってくれるようになり社会性にも繋がっているのではないでしょうか。

これを通して、遊びながら学べるだけでなく、初めから黙々とプリントをやるよりも集中してくれる時間が長くなることを実感しております。ご家庭でも実践していただくこともあり、楽しい学習に繋がっているようです!

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ