単語の覚え方②(自宅学習)

2017.6.17
ホーム > 自宅学習
確認しようクリップ

前回は単語を覚える際は回数ではなく見ないで書けるようになることを目指して書くべきであるという事をご紹介しましたが、今回はその書けるようになったと思った単語を覚えられたかどうか確認する方法をご紹介したいと思います。

確認する際には、覚えるために単語を書いていたものと別の紙を用意します。何度か練習して見ないで書けるようになったと思ったら、今まで練習していた部分を見えないようにしてから、新しい紙に先ほどまで練習していた単語を何も見ずに書いてみます。書けたら練習していた紙を見て、正しく書けているかどうか一字一字丁寧に確認します。もし間違えてしまっていた場合は、もう一度見ないで書けるようになったと思えるまで一つ目の単語を書いて練習します。そしてまた同じように別の紙に正しく書けるかを確認します。もちろんこのときは、一回目の確認で書いたものは折るなどして見えないようにしておきます。これを正しく書けるようになるまで繰り返します。正しく書けるようになったら次の単語も同様に見ないで書けるようになるまで練習します。見ないで書けるようになったと思ったらまた本当に正しく書けるかを確認するのですが、ここで注意するのは確認する際まずは一つ目の単語を書いて、その次に今練習した二つ目の単語を書くということです。書いたらまた正しいか確認します。正しく書けていなかった場合は間違えてしまった単語を一つ目と同じようにもう一度練習します。三つ目以降も同様に、新しい単語を練習、一つ目から書けるか確認、正しく書けるようになったら次の単語を練習・・・というように繰り返していきます。最終的に当日覚えた単語を一気にすべて正しく書けた紙ができるというわけです。

練習している単語の順番や書き忘れを防ぐために別の紙や単語帳に日本語の意味を書いておくのもいいと思います。個人的には単語帳がおすすめです。その理由や活用方法についてもまた後日ご紹介できればと思います。

次回は覚えた単語を翌日以降どのように確認するかなどについてご紹介したいと思います。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ