勉強への姿勢

2017.3.22 | 自宅学習 道具プロ家庭教師

「勉強が嫌い」とよく聞きますが、「意味が分からないことを無理矢理やらされている状況が嫌」であることが多く、どんな子でも段階を踏んで適切なレベルで進めてあげればそんなに嫌がることもないと思います。しかし、学校では一人一人違う段階に合わせて授業をすることは不可能ですし、親御さんが勉強をみるというのも限界があります。そもそも、親が勉強に手を出してしまう環境はあまり良くないと感じます。

だからこそ、勉強のみをみる塾や家庭教師などがあるわけです。今は、個人や集団、レベルなど子供に合わせて選べるほどたくさんの種類があります。ありすぎて決めるのにも一苦労だと思いますが…子どもにとって勉強するのに良い環境を選んであげることが親の出来ることだと思います。

以前書いたことにも繋がりますが、「勉強させられている」という受け身の姿勢ではなく、知識をつけるために塾や家庭教師を利用してやるくらいの気持ちでやってしまえばいいと思います。自分のために使う道具だと思ってしまえ!です。

ページのトップへ