イメージをしよう

2017.2.14 | 自宅学習 何をする?プロ家庭教師

学校の宿題はいつも出るものですが、やりたくないと思ったことはありませんか。多くの方は、一度はあるのではないかと思います。

その理由はいくつかあるのでしょうが、大きなものの一つに「どうやったらいいかわからない」というものがあるでしょう。つまり、どのように片付けるか明確なイメージが湧いていないわけです。では、どうやったら明確なイメージができるでしょうか。

宿題が(一見)大量にあって途方に暮れている場合は、日割りにしてみましょう。1日あたりのページ数や枚数を計算するのです。そうすると、一日分の分量は意外と少ないことも結構あるのではないでしょうか。1日分の分量を明確にイメージできれば宿題もやりやすいと思います。

問題そのものの解き方がわからない場合もあるかと思います。従って、問題の解き方を調べるという作業が入ってくる可能性もあります。具体的には、教科書やノートの確認です。特にノートは、授業の内容をわかりやすくまとめた内容のはずですので、非常に大事です(きれいにノートを取る習慣が出来てない場合は、まずそこから改善すべきです)。それらで問題の解き方を明確にイメージしていくわけです。

明確なイメージができたら、あとはそれに従ってやっていくだけです。何事も、大事なのはやるべきことのイメージです。

ページのトップへ