冬休みの過ごし方

2017.1.5 | 自宅学習 長期休学習プロ家庭教師

冬休みは、お正月など誘惑が多くだらだら過ごしてしまう子が多いです。

冬休みは重要な期間で、子供たちに意識させたい時期でもあります。

それというのも小学生・高校生の受験は冬休みの直後に、中学生の受験は一月後に行われます。

また受験ではなくても、学力調査などテストがあったり、冬休みに出されている課題なども多くあり、課題がやり終えずに提出が遅れてしまい成績に響いてしまうことも多くあります。

このような現実をあまり感じられていない生徒さんが多くいるように感じます。

特に中学1、2年の生徒さんが来年頑張ればいいんだろう、という気持ちが強いです。そして、このような気持ちのまま過ごしてしまった子は受験の年もほとんど同じように考えてしまうケースが多く遊んでしまうことが多いのです。

そのため旅行など日帰りではなく泊まりの際には必ず宿題・課題を持ち歩けるようにファイルにしてお渡しするようにしています。

持ち歩けないことなどを言い訳にしてやらない、ということをしないように指導をしていき、常に学習の意識だけは無くさないようにしていきたいと思っています。

ページのトップへ