丸つけする?しない?(自宅学習)

2016.12.22
ホーム > 自宅学習
○をしようクリップ

以前宿題をやる意味についてお話しさせていただきました。宿題の最初の目的は『学習習慣を身につけること』、次の目的は『やったことを身につけること』でした。

今日は、宿題の丸つけについてお話させていただきます。まだ学習習慣が身についていない生徒さんには、指導が始まってしばらくの間は宿題はプリントだけお渡しし、丸付けは次回の指導時に、私の方で行わせていただいております。学習習慣が身についていないうちは、まずは、机に向かうこと、一緒にやったことを思い出しながら自分の力で解いてみることに集中してほしいからです。しかし、段々とお家で勉強することに慣れてきたら、次の目的は『身につける』ことになります。そうなったときに段々と生徒さん自身にも丸付けをしてもらうようにしています。

今までみてきた生徒さんの中で、学校で出されている自主勉ノートをすごく熱心に行っている生徒さんがいました。しかし、その子の成績はやってもやっても伸びていませんでした。その自主勉ノートを見てみると丸付けを行っていなかったのです。まる付けを行わないと、ただ解いただけで終わってしまい、間違えた問題はいつまで経っても間違えたままになってしまいます。せっかく頑張ったのに、これではもったいないですよね。

ですから、問題を解いて、丸付けをして、どこを間違えてしまったのか、なんで間違えてしまったのか、正しい答えはなんなのか。これを自分で考えてみることが、次のステップです。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ