『好き』なキモチ、忘れずに☆

2016.12.20 | 自宅学習 勉強嫌いプロ家庭教師

すっかり、寒くなりましたね。新年まであとわずかになりました。大掃除ついでに、部屋を一気に模様替えして、新年、気分よく、迎えたいものです。

年越し目前、イベントが待ち遠しいところですね!クリスマス、大みそか、お正月・・・楽しいことばかりです!

受験生は、そうも言っていられません。すぐに試験です。この時期の踏ん張りが、成果となって現れます。楽しいことを我慢するも良し、一瞬、フルパワーで遊んで、残りに、フルパワーを注ぐも良し、です。

☆”メリハリ”

大事ですね!
さてさて、みなさん、『好き』な物(人)、ありますか(いますか)?

年末のイベントには、そういう『好き』がいっぱい集まっています。ここが、ポイントですが、
☆『好き』が多い人ほど、成功します。
たとえば、『物』であれば、様々なジャンルの物に興味を持ち、『好き』になり、入り込むことができるようになるので、それをどこにでも、向けることができます。それが、たとえ、勉強でも、です!

勉強、『好き』は、世間一般では、たいていの場合、白い目をされます。しかし、

 

◎勉強『好き』で、損することは、”絶対×100”にありません。

 

勉強嫌いで、損することはあっても、『好き』であることでは、損はしないのです♪♪冬休みを利用して、一気に成績アップさせて、クラスの注目の的になるのも、夢ではありませんよ♪♪

人であれば、一人を一途に『好き』でいつづけても、多くの人を分け隔てなく『好き』でいても(見方を変えると、ややチャラいですが(笑))、

 

◆どちらも、『好き』の総和=∞(無限大)

 

が成り立ちます。そんな風に、人を好きなれる人には、必ず、『幸せ』を呼び込む力が流れ込んできます。学校での勉強も、部活でも、バイトでも、社会に出たとしても…

 

◎『幸せ』を、自分で引き寄せます。

 

 

ところで、『好き』に対して、『嫌い』という言葉についてはどうでしょう。『嫌い』な物、『嫌い』な人、世の中にたくさん存在するに決まっています。『嫌い』がない、などという人間、いたら、うそつきですね(笑)。そういう人に限って、『好き』もない、色々な意味で『隙(スキ)』もない、人です。

 

☆『嫌い』も、『好き』になる第一歩。

 

『嫌い』な勉強でも、『嫌い』の中に、わずかな『スキ』を見つければ、必ず、『好き』まで、発展できます!『嫌い』のジャンルがあるなら、よくある成功スキームは2つ。

 

①『嫌い』を克服するよう、日々鍛錬。

②『嫌い』は、『嫌い』だからそれ以外の『好き』を高める。

 

①がもちろん、正攻法。ですが、それでは破れない壁ももちろんあります。②は、邪道です。苦手科目は、極端に言えば、『捨て』ます。当然、②の方が賭けに近いです。①ほど、高い成功率は望めません。ですが、②のみで、破れる壁も、あります。そこで、確実に成功させるには、

 

☆勉強においての、『好き』『嫌い』は、明確にし、①②を併用する。

 

克服できそうにないなら、そこは克服せずに、スルー。克服できそうなら、克服して、『嫌い』を『好き』に持ち込んでしまう。それで、必ず成功します。『嫌い』な人間を、『好き』になるのは、かなり難易度高いでしょう。難関中、難関高校、難関大学に入学するよりはるかに難しいです。つまり、勉強は、人間と付き合うより、はるかに簡単なのです(笑)。

 

☆☆『人』を『好き』『嫌い』と判断できる人は、勉強も必ずできるようになるだけの、スキルを持っている☆☆

 

『好き』の対義語は、『無関心』です。それを敏感に、肌で感じやすいのも人間です。人間は、成長するにつれ、『好き』『嫌い』の感情を薄らせる、『無関心』を覚えだします。色々な社会的な動きを感じて、自分の関心以外のものを、意識の外に捨てる習性をつけていきがちです。

 

☆☆いつまでも、『好き』なキモチを持ち続けること♪♪

 

これが、『幸せ』、『夢』へとつながるのです!!その手で、『幸せ』、つかんでみませんか???

ページのトップへ