家庭教師のジャンプ

不登校訪問専門員のプロ家庭教師

不登校のご相談は不登校専門員にお任せください。ジャンプのプロ家庭教師には不登校訪問専門員の認定をもつスペシャリストがいます。
不登校専門員認定証書

不登校訪問専門員

不登校状態(保健室登校等を含む)にある子ども達が持つ悩みや不安、恐怖心に対して耳を傾け、その対応に苦しむ家族にとっても手助けとなり活動を行っていく「不登校訪問専門員」。訪問支援を行うことは、一方で第三者の介入を意味し、悩む子ども達へ恐怖感を与えるものとなる可能性も秘めているます。しかし、苦しむ子ども達の元へ自ら訪れ、身近な存在となり支援活動を行っていくことは、子ども達やその家族の支えとなり、問題解決に向け、障害性など不登校問題特有の問題性を十分に理解し、対応することが出来る支援者が必要とされています。ジャンプでは専門スタッフが一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会が認定する不登校訪問専門員のライセンスを取得し、不登校問題に対して真剣に取り組んでいます。

中学生の36人に1人が不登校(文部科学省データ)

中学生の36人に1人が不登校

少子化に伴い生徒数が減少している現代で「不登校児童」の数は減ることがありません。文部科学省が発表したデータによると平成21年度の不登校児童(中学生)が全体の2.8%、つまり「36人に1人が不登校児童」という驚くべき数字を知ることができます。いじめ、教職員との関係、学業の不振、進路にかかる不安、部活動への不適応、進級時の不適応、家庭内の不和など考えられている理由は様々。多感な年齢の生徒にとって自分を取り巻く環境のすべてが、「学校に行かなくなる」原因のひとつになる可能性があります。不登校の問題はもはや「滅多にない」ことではありません。

不登校児童の自宅学習をジャンプの家庭教師がしっかりサポートします!

不登校児童に家庭教師
プロ家庭教師 不登校の原因のほとんどは「対人関係」です。いじめ、教師との意志の疎通、友達関係、部活など、不登校のきっかけになる対象はほとんどの場合「人」との関係にあります。生徒さんがひとつの対人関係に不信感を抱いてしまい、それがエスカレートするとすべての対人関係を避けるようになります。学校にも行きたくなくなり、塾などの多くの生徒と同じ空間にいることがつらく思えるようになります。「家から一歩も出ない」「家族としか話さない」などがその例ですが、それでは社会との接点を一切失ってしまうことになるのです。家庭教師が不登校児童にとって重要なのは、生徒さんにとって家庭教師が唯一の「社会との接点」となること。それは、学校の教師や塾の講師と違い、生徒さん1人のために生徒さんのテリトリーである自宅にやってくるので、生徒さんにとっては対人関係のハードルが低く、マイペースに対人関係を築き、それによって自信をつけていくことができるのです。「人」の問題は「人」で解決していきたいと考えています。
不登校による二次被害を防ぐ
プロ家庭教師 「不登校と言ったって学校に行かないだけじゃないか」と思うのは非常に危険な考えです。不登校は、それ自体を早期に解決しなければならない問題ですが、学校に行かなくなってしまった生徒さんの場合「不登校による二次被害」を想定しなければなりません。学校に行かない日々が続くと学力の低下とそれに伴う勉強の遅れが生じます。この「勉強の遅れ」をそのままにしておくと、精神面を解決して復学した時に他の生徒たちとの学力の差に戸惑い、自信を失って再度不登校へと戻ってしまう可能性があります。こういったことは、生徒さんのために絶対に避けなければなりません。実際に敏感な生徒さんの場合「学力の差があり、劣等感を感じる」といった悩みも多くあり、そのストレスから不登校になってしまうケースもあるのです。ジャンプでは生徒さんが自信を持って復学できるように、学習面をしっかりとサポートしたいと考えています。不登校でお悩みのご家庭は、生徒さんのためにぜひ家庭教師のジャンプをご利用ください。
結果につながるジャンプの指導力 高卒認定対策コース