『意識』と『無意識』と『幸せ』と♪(受験対策)

2017.4.18
ホーム > 受験対策
受験突破クリップ

ようやく、春らしい陽気になってきましたね。『春眠不覺曉』にもあるように、眠りの心地よさに、つい、寝過ごしてしまいます(*^。^*)

電車の揺れも、家の布団も、先生の睡眠呪文も…(-_-)zzz

大事な試験が目前に迫っていたり、課題が残っているのに、寝てしまったり気を抜いたら、一気にピンチになってしまう。ある意味、恐ろしい時期に入ったとも、言えますね( ̄Д ̄;)

そして、ゴールデンウィークも迫っています。

まだ、ゴールデンウィークまで日数があるのに、浮かれ気分の皆さん、要注意ですよ!!すぐに、1学期中間試験があります!!

この、1学期中間試験、実は、学校生活の中では、最も大事な試験のうちの一つです。

特に、中学、高校、大学の、1年生のみなさんは、気合いを入れておく必要があります。ここでの点数が、今後の学校での学生生活に大きく関わってくるからです ( = ̄+∇ ̄=)v

さて、では、この大事な試験を、華麗に突破するには、どう勉強と付き合っていけばよいかですよね…(o・ω・o)?これは、別に学生に関わらず、全ての人に共通する事案です。大事な試験で、失敗しないようにする方法です。大事な場面で、失敗しないようにする方法です。たとえ、社会人にでも、共通して使える、オールマイティな方法です!!(*゚▽゚ノノ゙☆それでは、順を追って…

☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪

①大事な場面の10日前から、『意識』を高める方針でいく。
これは、当たり前かもしれませんが、結構大事です。例えば1年、へたをすれば、10年も前からずっと、一つの目標、夢に対して、『意識』を高めている方も、いることでしょう。オリンピック選手など、世界レベルの大会に臨むようなツワモノたちが、そうです。しかし、みなさんの試験など、たとえ、入試だとしても、所詮、日本国内レベルです(もっと大きなレベルの方々には、申し訳ないですが。)。そんな程度のものに、年単位で『意識』を高めていたら、精神が持ちませんよ≧(´▽`)≦

もちろん、入試を突破するのに、10日前から『意識』するだけでは、厳しいでしょう。あくまで、『意識』が10日前からで、それまでに、『無意識特訓』だけは、繰り返しておいてください。『無意識特訓』については、後述します。

ここで語る『意識』は、『当日を想定した演習』です。過去問、ロープレなど、手法は様々ですが、できるだけ当日と同じ環境で、演習をしていくことです。そこで、

どんなマズイことが起こりうるか

を、『できるだけたくさん』意識して発見しておきます。そして、その対策を当日までの期間で見つけ出しておき、『無意識レベル』まで高めます。直前10日前ぐらいまで追い込んでからでないと、発見できないことが多いのです。早めにこれをやってしまうと、当日までの日数距離感がうすくなり、当日に急に緊張してコケる可能性大です。さらに、直前の『無意識レベル』高めは、大事な場面を突破さえできればよいので、脳への負荷が少なくて済みます。早めにやると、それをキープする時間も長くなり、途中で抜けます。直前でやるのが、効果的です。

②10日前までは、『無意識特訓』を超反復する。
10日前までは、無意識レベルを高めることに費やします。どの科目でも、どの業界でもそうですが、考えないと、先に進めない場合というのは、非常に危険です。大事な場面で、考えている余裕など、ありません。ただでさえ緊張するのに、その場で考えろ、は、かなり不可能に近いと考えてください。

続いて、『無意識特訓』の内容ですが、これは、科目ごとでやや差が出ます。

 

国語系→活字にふれる機会を徐々に増やす。(読書など)
数学系→制限時間内に解ける問題の数を徐々に増やす。(特定の問題集1冊にしぼっておこなう)
英語→単語+長文+文法(ただし、どれも制限時間内に何題解くか決めてから。)
理科系→数学系と一緒
社会系→一問一答+長文(ただし、どれも制限時間内に何題解くか決めてから。)

 

いたーーーって、普通のことが書いてありますが、制限時間つき、がポイントです。各科目、日常生活の一部として、『無意識に入り込んでいる状態』になるまで、数をこなします。

時間かけて、解けるは、まだ未熟。

ということです。これは、全教科共通です。みなさん、勘違いしてはいけませんよ。時間かけて解けたものを、

よっしゃ、解けたーー(≡^∇^≡)

なーんて、喜んでいるうちは、受験突破は遠いです。どこを狙っているかは存じないですが、

その学校受ける子は、その問題も解ける子が多いですよ (*^m^)o==3

受験突破のカギは…

『どれだけの時間を勉強に割いたか』

でーはーなーくー

どれだけ『時間かけず』に、解けるようになったかです(⌒▽⌒)

なので、10日前までに、高速演習をたくさんこなし、強力な破壊力を身につけて、10日前から、本番練習しておけば、

当日、何をしても、合格できます(ノ∇≦*)
③試験当日、バッチリ、遊んでくる☆(≧∇≦)
①、②ができていれば、当日なんて、ただ遊んでくれば大丈夫です。どんな問題を見ても、スイスイできます。たとえ、見たことなくても、解けます。余裕です。

周りのガッチガチの同級生を見て、楽しんできてくださいね☆☆^(o≧▽゚)o

④試験後は…
もちろん、試験が終わっているので、その結果をどうこうすることはできません。しかし、受験でも次がある場合や、定期試験の場合などは、試験後も重要になってきます。次までの期間がある場合は、再び、『無意識特訓』に戻りましょう。受験で、次までの期間がない場合は、今回の試験で、分からなかったところだけ調べて、終わりにしましょう。そして、今回の試験の感触があまり良くなかったら、

ま、他の受験生も、どうせ解けてないから、問題ないでしょ( ̄▽ ̄) ニヤ

程度に、開き直っておきましょう!凹むだけ、時間の無駄です。凹むなら、全部の受験やら試験やら、片付いてからにしましょうね!!

☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪

とまぁ、意外とありそうなことですが、やはり、勘違いしている人の方が多い気がします。

所詮、試験です。試験でコケた程度で、死ぬわけではありません。むしろ、それで死んでも困ります。

逆に、試験が通ったからといって、偉いわけでも、幸せになれるわけでも、

『人生として成功できる』わけでも

ありません。成功した人生かどうか、それは、

『意識』と『無意識』を巧みに操れたかどうか

にかかっているといっても、過言ではないです。人生、成功したかどうかは、生き切った人間にしかわかりません。『無意識』が呼び起こすものです。上記の試験突破法も、当日直前の『意識』演習からの、当日『無意識』を使っての突破、です☆

どうやら、『幸せ』を利用すると、脳が一気にはたらくようになるという、研究もおこなわれているらしいです。

『意識的幸せ』→『無意識特訓』→サイコー(○゚ε^○)v

ほら、大事な場面で、『無意識幸せ』舞い降りてきましたよ(*^▽^)/★*☆

受験対策の最新ブログ

受験対策サポート

受験対策サポート

中学受験、高校受験、大学受験とつづく3つの受験にはご両親と生徒さんの不安と悩みがつきものです。受験対策を無理なく進め志望校に合格するために、プロ家庭教師のジャンプがしっかりとサポートします。

ページのトップへ