過去問にとらわれるな

2017.2.2 | 受験対策 公立受験プロ家庭教師

私立高校の受験が終わり、あとは公立高校の前期・後期の受験が残るのみとなりました。公立高校の前期の受験システムが変わり、小論文の試験がペーパーテストに変更となり、過去問がない状態で試験を迎える今年度の受験生は不安を抱えているのではないかと思います。過去問はを解いておくのに越したことはありませんが、ではなぜ過去問を解くのでしょうか?みんな過去問を解いて出来たり出来なかったりと一喜一憂させられていると思うので、先生から過去問を解く意味をお教えします!!過去問とは今までの出題傾向(記述が多いのか・選択問題が多いのか・社会、理科においては記述問題が何問ぐらいでるのか・数学は計算問題が占める配点はどのくらいか)を自分自身で知っておくため、それと、今の力でどのくらい過去の入試問題が解けるのかの力試しです。過去問から同じ問題がでることはありません。基本を復習することをお忘れなく!この時期はむやみやたらに応用問題に取り掛からず、基本が抜けていないかの確認をするためにあえて簡単な問題を解き、抜けているところがないか確認するのも点数アップの秘策ですよ。

ページのトップへ