4人5脚②(発達障害)

2017.3.9
ホーム > 発達障害
同じ80点?クリップ

前回はMちゃんが頑張った話(主にテストの推移について)をご紹介しました。

今回は具体的にどのように頑張ったのか、小テストの結果と合わせてお話しします。

まず、これが小テスト1回目です。

Fotor_148778329726110
前回の授業は分数の足し算・引き算の復習+分数のかけ算でした。

とても良くできています!

これが少し先に進んだ小テスト3回目。

IMG_20170226_004956
前回お伝えした通り、宿題をやらなかったわけではありません。

なぜこんなに差が出てしまったのでしょうか。

それは小テストで出題した問題が、前回勉強をした内容だけでなく、今まで学んだ内容が全てバラバラに出題されたためです。

ひとつひとつの計算はできても、問題がバラバラになったテスト形式の時に解けなくなってしまう生徒は非常に多いのです。小テストでも解けるようになるには、ただ宿題を解くだけでなく、“ちゃんと”宿題をやることが重要です。

そのため、主に2点に気をつけて宿題に取り組んでもらいました。

①解けなかった問題のやり方を調べる

②丸付けを自分でする

①も②も、「調べて解いてね」「丸付けをしてね」と口頭で伝えるだけでは、生徒さんは具体的にどうしたら良いのかわかりません。そのため、どちらも授業中にMちゃんと練習をしました。
丸付けは以前書いたブログ【やり直すのキライ!】のように、1度で解けた問題・調べて直した問題を色分けするよう、細かく指示をしました。

そしてこのやり方を徹底したテスト結果がこちらです。(途中式が長いので、ノートに解いてもらいました)

IMG_20170218_153646

IMG_20170218_162545

IMG_20170218_162605

さまざまなパターンが混ざっていても、解き方の流れまでバッチリです!

きちんと指示した通りにMちゃんが頑張ったお陰で、1回目のテストよりハードルの高い80点を取ることができました。

最近Mちゃんと交換日記をしているのですが、この80点を取った日の日記です。

Fotor_148803789427247
大きく元気な字で書いてくれました!
がんばったね!

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ